【醜い女性】世界で最も醜い女性と言われた彼女の悲劇的でありながら、興味深い人生を追ってみた。



国や文化、社会などが異なると「美しさの基準」や「醜さの基準」というものが変わってきますよね。

また、たとえ同じ文化であったとしても、『世代』が変わることによって、美の価値観というものは変化していきます。

現在では、一般的な美の価値観を多くの人が持っており、内面の美しさよりも外見の美しさに目がいってしまう人がたくさんいます。

もちろんよくその人を知っていくことによって、内面の美しさに気付かされるなんてこともあります。

さて、『世界で最も醜い女性』と言われた、マリー・アン・ベイヴァンという女性について、今回はお話をしていきたいと思います。

内面の美しさを見る余裕がないような時代、まあ現代と同じような感覚ですね。

そんな時代に生まれたマリーの、悲劇的であり興味深い人生をご紹介しましょう。

気になる続きは次のページ